所属現役アスリート・スポーツ文化人

  • スポーツコメンテーター 小谷 実可子 Kotani Mikako
  • Data 選手データ

    スポーツジャンル シンクロナイズドスイミング
    生年月日 1966年08月30日 血液型 AB型
    出身地 東京都 出身校 桐朋女子高等学校→日本大学
    公式サイト 小谷実可子 公式Facebookページ
  • プロフィール

    ― 日本が誇る元祖マーメイド ―
    幼少の頃から才能をみせ、高等学校は単身米国にシンクロ留学した。日本代表となると、ソウル五輪では初の女性旗手を務め、ソロ・デュエットで銅メダルを獲得。日本シンクロの女王に君臨したが、プール外に活動の幅を広げるために休養し、その間に長野五輪招致に携わる。バルセロナ五輪を視野に復帰し代表となったが、本番では出場機会を得られず同大会の後に引退した。
    国連総会に民間人として初めて出席した経験を持ち、五輪・教育関連の要職に数々抜擢。世界大会のリポーター、東京2020招致アンバサダーを務めるなど国際的に活動する一方、自身がコーチを務めるクラブでシンクロの魅力を伝承している。  

    主な成績

    1985年

    ◇パンパシフィック大会(デュエット) 優勝/(ソロ) 2位

    ◇全日本選手権(デュエット) 優勝

    1987年 ◇全日本選手権(デュエット) 優勝
    1988年

    ◇ソウルオリンピック(ソロ/デュエット) 銅メダル(日本代表選手団旗手)

    ◇都民栄誉賞、ビッグスポーツ賞、総理大臣銀杯受賞

    1989年 ◇スイス・オープン(ソロ) 優勝
    1990年

    ◇ローマシンクロ大会(ソロ) 優勝

    ◇マジョルカ・オープン大会(ソロ) 優勝

    受賞歴

    ■内閣褒章 賞杯(銀杯)

    ■FINA殿堂(日本シンクロ界初)

    ■東京都 都民栄誉賞

    ■テレビ朝日 ビッグスポーツ賞

    ■日本マザーズ協会 ベストマザー賞(スポーツ部門)

    主な役職・活動

    ■JOC アスリート専門部会会員

    ■JOC 女性スポーツ専門部会会員

    ■日本オリンピアンズ協会 理事

    ■日本中央競馬会 監事(非常勤)

    ■「大磯アーティスティックシンクロ」 コーチ

    ■「世界陸上」 フィールドリポーター

     

    過去の役職

    ■JOC女性スポーツ専門委員会委員

    ■JOCアスリート専門部会員

    ■日本オリンピアンズ協会 事業広報委員

    ■東京オリンピック・パラリンピック招致委員会 理事

    ■東京オリンピック・パラリンピック招致委員会 アスリート委員会委員長

    ■東京 2020 オリンピック・パラリンピック招致アンバサダー

    メディア出演

    レギュラー出演中

    【ラジオ】

    ■文化放送「小谷実可子のKEEP DREAMING」毎週金曜日11時頃(「くにまるジャパン」内)

     

    過去のレギュラー歴

    【テレビ】

    ■フジテレビ「ハピふる!」

    ■BS朝日「美活三姉妹 くらしのサプリ」

     

    その他の出演歴

    【テレビ】

    ■NHK「家族に乾杯」

    ■テレビ朝日「世界水泳」「2006シンクロワールドカップ」「ロンドンオリンピック」

    ■TBS「世界陸上」「ベストタイム」「どうぶつ奇想天外!」「北京オリンピック」

    ■フジテレビ「ロンドンオリンピック」

     

    【CM/広告】

    ■グアム観光局

    ■AEON「セレブレイトスーツ」

    講演

    【演題例】
    ■私のシンクロ人生  

    書籍

    ■「夢をつかんだ人魚」(リクルート出版)

    ■「ドルフィン・ピープル」(近代文芸社)

    ■「一筆啓上」(中日新聞社)

    ■「小谷実可子のママといっしょにかんたんスイミング」(メディアファクトリー)

    関連サイト

Photo


 

 

 

 
PAGETOP