所属現役アスリート・スポーツ文化人

  • レーシングドライバー 佐藤 琢磨 Sato Takuma
  • Data 選手データ

    スポーツジャンル モーターレース
    生年月日 1977年01月28日 血液型 A型
    出身地 東京都新宿区 出身校 早稲田大学
    公式サイト takumasato.com
  • プロフィール

    ― F1、インディカー両方の表彰台に上がった唯一の日本人 ―
    高校から始めた自転車競技で才能を発揮するも、F1レーサーの夢を諦めきれず、鈴鹿サーキットレーシングスクールに入門。首席で卒業した後、渡英してイギリスF3へ挑戦して頂点を極めた。モータースポーツに転身してから、わずか5年で史上7人目の日本人フルタイムF1ドライバーとなる。'04年には日本人初、最高となる記録を数々打ち立て飛躍の年となった。その後、米国最高峰のフォーミュラカーレース「インディカー・シリーズ」に参戦。'13年のロングビーチではアジア人初優勝を飾る。'17年はアンドレッティ・オートスポーツから参戦。  

    略歴

    2004年

    LUCKY STRIKE BAR HONDA よりF1参戦

    ◇アメリカGP 3位

    ◇F1ドライバーズ選手権 8位(34ポイント獲得)

    2005年 ◇F1ドライバーズ選手権 23位(1ポイント獲得)
    2006年

    SUPER AGURI F1TEAMよりF1参戦

    ◇ブラジルGP 10位

    2007年

    ◇スペインGP 8位

    ◇カナダGP 6位

    ◇F1ドライバーズ選手権 17位(4ポイント獲得)

    2008年

    ◇SUPER AGURI F1TEAMが財政難を理由にF1から撤退、F1参戦の道を断たれる

    2010年

    「KVレーシング・テクノロジー」よりIZODインディカー・シリーズにフル参戦

    ◇インディカー・シリーズ全17戦を21位で戦い終える

    2011年

    「KVレーシング・テクノロジー」よりIZODインディカー・シリーズにフル参戦

    ◇第8戦アイオワ(オーバル) 日本人初のポールポジション獲得

    ◇第10戦エドモントン(ロード) シーズン2度目のポールポジション獲得

    ◇第11戦ミドオハイオ 4位(自己最高記録)

    ◇インディカー・シリーズ全17戦を13位で戦い終える

    2012年

    「レイホール・レターマン・ラニガン・レーシング」よりIZODインディカー・シリーズにフル参戦

    ◇第4戦サンパウロ 3位 (インディー初表彰台を獲得)

    ◇インディカー・シリーズの全15戦を戦って281ポイントを獲得、シリーズ14位となる

    「チーム無限」よりフォーミュラ・ニッポンにスポット参戦

    ◇第6戦菅生 9位

    ◇第7戦鈴鹿 レース1:17位 レース2:10位

    ◇特別戦富士スプリントカップ 13位

    「OAKレーシング」より世界耐久選手権(WEC)にスポット参戦

    ◇第7戦富士 8位

    ◇第8戦上海 7位

    2013年

    「AJフォイト・レーシング」よりIZODインディカー・シリーズにフル参戦

    ◇第3戦(アメリカ/ロングビーチ) 優勝 ※日本人初

    ◇第4戦(ブラジル/サンパウロ) 2位

    ◇第17戦(アメリカ/ヒューストン) ポールポジション獲得

    2014年

    「AJフォイト・レーシング」よりヴェライゾン・インディカー・シリーズにフル参戦

    ◇第1戦(アメリカ/セントピーターズバーグ)ポールポジション獲得

    ◇第7戦(アメリカ/デトロイト) ポールポジション獲得

    「アムリン・アグリ」よりフォーミュラE北京大会にスポット参戦(ファステストラップを叩く)

    2015年 ◇第8戦(アメリカ/デトロイト) 2位
    2016年

    ◇第1戦(アメリカ/セント・ピーターズバーグ) 6位

    ◇第3戦(アメリカ/ロングビーチ) 5位

    ◇第12戦(カナダ/トロント) 5位

    2017年

    「アンドレッティ・オートスポーツ」よりヴェライゾン・インディカー・シリーズにフル参戦

    ◇第6戦(アメリカ/インディアナポリス)インディ500優勝 ※日本人初

    【受賞やチャリティ活動】

    【モータースポーツ関連の受賞】

    2001年 ◇JAFモータースポーツ特別賞
    2004年

    ◇イギリス「パーソナリティ・オブ・ザ・イヤー」受賞

    ◇フランス「L'Automobile」受賞

    ◇イタリア「コンファルティギアナト・モトーリ賞」受賞

    2008年 ◇ベスト・パッシング・ムーブ賞受賞
    2011年 ◇東京運動記者クラブ最優秀選手
    2013年

    ◇日本プロスポーツ大賞「特別賞」受賞

    ◇JMSアワード(日本モータースポーツ記者会)「特別賞」受賞

    2017年 ◇JMS(日本モータースポーツ記者会)栄誉賞 ※初受賞

     

     【その他受賞やチャリティ活動】

    2007年

    ◇町田市民栄誉賞受賞

    ◇瀬戸の教育市民フォーラムに出演「トークショー 子供たちに夢と未来を」

    2008年

    ◇日英親善大使任命

    ◇ウォーター・エイド・キャンペーン「エンド・ウォーター・プロヴァティ」

     (衛生的な上下水道環境の提供を目的)

    ◇ホワイトリボン(ジョイセフ)

     (開発途上国の妊産婦と赤ちゃんの命と健康の保護を目的)

    ◇メイク・ア・ウィッシュ・オブ・ジャパン

     (難病の子供たちの夢をかなえるボランティア団体)

    2011年 ◇東日本大震災復興支援プロジェクト「With you Japan」設立(*1)
    2012年 ◇「佐藤琢磨と元気に遊ぼうin 気仙沼」を開催(*2)
      ◇フォーミュラ・ニッポン第6戦 観戦ツアー開催
    2013年 ◇「With you Japan」チャリティ・オークション開催
      ◇宮城県の復興地の小学校を激励訪問とフォーミュラ・ニッポン第6戦 観戦ツアー開催
     

    ◇第42回「ベストドレッサー賞」受賞

    ◇南カリフォルニア日米協会「スペシャル・アンバサダー」就任

    2014年 ◇アスリートSafari「アスリートドレッサーアワード2015」受賞

    *1 ツインリンクもてぎでのイベントや、インディジャパンへ被災地の子供たちを招待するなど精力的に活動

    *2 「With you Japan」の活動の一環として、気仙沼小学校にて被災地の子供たちと楽しく遊ぶイベント

    契約/スポンサー

    ■本田技研

    ■パナソニックオートモーティブシステムズ社

    ■全日本空輸

    ■Honda Cars神奈川北

    ■江崎グリコ

    ■デサント

    ■ナック

    ■カレラクリニック

    ■エボラブルアジア

    ■ファクトリージャパングループ

    ■日本特殊陶業

    ■ブリヂストン

    ■LUXURY CARD

    ■モビリティーランド

    ■タカタ

    ■アライヘルメット

    ■スタジオコメ

    メディア出演

    【テレビ】

    ■NHK Eテレ「SWITCH」「語学コロシアム ~アスリートたちのもうひとつの戦い~」

    ■日本テレビ「アナザースカイ」「月間インディ」

    ■NHK「トップランナー」「スポーツ大陸」

    ■NHK-BS1「誰よりも前へ~佐藤琢磨インディへの挑戦~」

    ■テレビ朝日「ニュースステーション」

    ■フジテレビ「すぽると!」「僕らの音楽」

     

    【CM/広告】

    ■江崎グリコ「ポスカ」

    ■デサント「アスレチック」

    ■エスプリライン「スピードラーニング」

    ■東京ガス「エネファーム“佐藤琢磨篇”」

    ■P&G「Gillette Fusion 5+1“感動・実感佐藤琢磨篇”」

    ■アサヒ飲料「SUPER H2O“トレーニング篇”“レース篇”」

    ■ホンダシビックハイブリッド、ホンダ環境CFの3部作

    ■DHL

    ■タカタ財団ラジオCM「交通安全」

    ■タカタチャイルドシート

    書籍

    ■「サンエイムック インディカードライバー佐藤琢磨」(三栄書房)

    ■「佐藤琢磨終わらない夢―F1との決別、もうひとつの戦場ヘ」(三栄書房)

    ■「図録 TAKUMA SATO NEVER GIVE UP」(リミックスポイント)

    ■「反撃」(イデア)

    ■「Formula TAKUMA」(講談社)

    ■「頂点へ」(ニューズ出版)

    ■「Go for it!」(二玄社)

    ■「AURA」(二玄社)

    ■「The F1 Spirit Takuma SATO」(二玄社刊)

    DVD

    ■TAKUMA SATO 2000-2001 British Formula3 Championship

    ■佐藤琢磨 インディカー・シリーズ初優勝までの軌跡

    LINK

Photo


 

 
PAGETOP